MENU

AIに商機を見出すスタートアップベンチャー

AIに商機を見出すスタートアップベンチャーも続々と生まれる。その中では、人事事務員をはじめ、2030〜40年頃には国内の601の職業のうち約49%が、人工知能やロボットに代替させられる可能性があるという見通しが語られてる。

2015年12月に野村総研と英オックスフォード大学の共同研究によりまして発表されましたものです。本連載で追っていくのは、人事部門がAIを活用し、企業経営を劇的に変えて行く未来の姿であります。

こんな話を聞くと、今の職業から追われているのではないと不安を覚える人事パーソンも少なくないだろう。独り歩きする「人工知能」のおっかなびっくり印象ってあるのそのためね。

AI活用が進む欧米では「人工知能=とっても優れた計算機のようなもの」として捉えられており、人知を超えるものでは当然なく、あくまでソフトだときちんと認識されてる。実はAIは、ここからの人事パーソンにとって、かけがえのないパートナーとなる可能性きがある。

正確で公平な判断だが、そこは膨大なデータから見出させた人間には理解できません法則に乗っ取ってる…。採用、評価、給与、人事異動などは機械が瞬時に決め、それに従う作業員たち。

まるでSFにみようかな話だが、そんなことが部分的には現実になろうとみている企業の人事事務員が、将来、AI(人工知能)にとりまして代わられる実現性があるという研究結果が存在する。しかしていながら、世間で言い伝えられていることを思い込みにしまして、AIを人間に代わる働きをする「脅威」としてばかり捉えることは手違いだ。

AI人事部」と聞いて、あなたは何を思い浮かべるだろうか。高度な知性を持つコンピュータが企業で働く人間の仕事を監督し、データを拠り所にして隙のない判断を下す。