MENU

プロセスの効率化を実現するのが狙い

今までベテランの営業マンが長年培ってきた”勘”を頼りに成果を出してきた営業チームも、今後はAIが”顧客の心を読む”作業をしてもらうことによって、ここまで以上に顧客との良好関係が構築でき、売上向上につながりましていくだろう。こにみようかなテクノロジーを元にBetterWorksやLetticeといいましたスタートアップではよりいい人事システムの提供を実践したりする。

たとえると、SalesforceIQやZohoなどのCRM(顧客管理システム)のいくらかにもすでに人工知能が搭載され始めており、どの顧客に対してどのタイミングでどんな内容の提案をするそしたら響くかを機械が知らせてもらえる。また、従業員サイドから人事部とのやりとりもよりやりやすくなる。

さらに、データ分析テクノロジーの進化により、新たな人事システムの構築が始まろうとみているアメリカではこいつをHR2.0と呼び始めている。具体的にはおのおのの作業員の勤務データと成果のデータを元にパフォーマンスの視覚化と、よりフェアな評価システムと、従業員ごとに異なるモチベーションの源泉を分析し、どれよりもやる気が上がるフィードバックシステムの提供であります。

殊に日本では「足で稼ぐ」という言葉からも分かる通り、人と人との繋がりが営業の基本であってそこに機械が介在するのは考え難い。しかしていながら、実は人工知能を上手に活用するだけで今後の営業に大きな効果を生み出すことは出来る。

その一方で、営業に関しましてはまだここから”アナログ”な側面が強剛ことが否めない。数年前よりマーケティングオートメーションやデジタル広告の領域ではAIの活用が進み始めている。

例えば、Tallaはチャットボットシステムを活用して、従業員が会社に質問やリクエストがあった際や研修時のコミュニケーションシステムを提供するだけで、かつて面倒だった企業内において人事的プロセスの効率化を実現するのが狙い。